「Takako et Naokoによる、ブルターニュの夜会」イベントのお知らせ

 

日時:7月28日(土)18:00~21:00

場所:デリス・ド・キュイエール川上文代料理教室

レッスン代:8400円(8000円+税)

 

フランスから持ち込んだ美味しい食材をふんだんに使った料理レッスンとなります。

ご予約は、03-5456-9071またはkawakami@delice-dc.com 

もしくはHP http://www.delice-dc.com/ にて
皆様のお越し、楽しみにお待ちしております。

 

<Takako et Naokoがお届けするお料理教室>

暮らすようにブルターニュ
@ Délice de Cuillères

ブルターニュに遊びに来て頂いたら、自宅で地元のスペシャリティを味わってもらいたい…そんな気持ちでお届けする「暮らすようにブルターニュ」。近隣の友人たちも招き、知り合いの生産者さんたちが作る上質の食材を取り寄せて作る、地元で覚えたお料理の数々。食材のヒストリーも合わせてお届けします。
~レッスンメニュー~
・冷製クレープ
・ブルターニュのイワシバターソース
・マスタードとバターソース 
前菜…そば粉クレープのカップ 季節のサラダ
主菜…キッカファルス 
デザートクレープ…りんごとゲランドの塩キャラメルソース
         そばウイスキーキャラメルソース
クレープダンテル ブルターニュバター

*アトリエでは利用する食材を、その歴史や風土とともに共にみなさんにお伝えします。ブルターニュを旅するようにお料理について知って頂けばと願っています。

●カトリーヌさんのそば粉:ブルターニュ地理的表示登録のそば粉。昔ながらの製粉所で作られるそば粉です。

●マルセルさんのエシャロット:ロスコフの玉ねぎは原産地呼称のラベルを得ています。その仲間のエシャロットもリュックスのものは有名です。

●ティエリーさんの塩:ゲランドの塩は潮の満ち引き、風・気温・湿度・日照時間によって塩作りがされる、まさに伝統的な方法によって作られています。

●ル・レイ家のそばウィスキー:世界で唯一蕎麦ウィスキーを製造するメンヒル蒸溜所。アーサー王伝説にも出てくる魔法の森ブロセリアンドの木から出来た樽で熟成されたウィスキーは、まるで伝説の世界へと我々を導いてくれるかのようです。

<講師プロフィール>

Takako et Naokoは、ブルターニュ在住の日本人女性「Takako(貴子)」と「Naoko(直子)」の共同プロジェクトです。日本とフランスで美味しいものをご紹介する活動をしています。

貴子は辻調理師学校「シャトーエスコフィエ」にて料理を学び、フランスの星付きレストラン等での研修を経て、日仏両国で料理関係の仕事をした後に、ブルターニュの西端の町ブレストに移住しました。

直子は日本を2001年に離れ、パリ・リヨンでのサラリーマン生活を経て、2014年よりロワール河口の街サンナゼール市に居を構えています。食分野を中心にコンサルタントとして日仏企業の海外進出支援をしながら、イベントの立ち上げやプロジェクトのコーディネートをしています。

二人に共通しているのは、「食いしん坊」で「美味しいもの」が好きで、何よりそれを人と分かち合うと幸せな気持ちになることです。それぞれの得意分野を生かしながら、ブルターニュの生産者さんたちを訪ね、歴史背景を調べ、実際に調理をし、皆さんにブルターニュから皆様に直接、美味しいものとお話を届けることができるのを楽しみにしています。